お住まいを買うとき売るとき読むブログ

お住まいを購入する、売却する際、不動産屋さんに相談する前の予備知識をまとめています。サイトに溢れる間違った情報に踊らされることなく、ゴールに近づいていただくために。

だんしんって何? 団体信用生命保険も住宅ローン選びの参考に!

保険会社

住宅ローンは生命保険としても有効


住宅ローンには一般的に、万が一お借り入れをしたご本人が返済期間の途中でお亡くなりになったりした場合に備えて生命保険に加入します。

正式名称は団体信用生命保険

「団信(だんしん)」という略称で呼ばれています。

今日はこの「だんしん」のお話です。

住宅ローンは一般的な分割払い、例えば車のローンなどと比較しても高額で、返済期間も長くなることが多いです。最長35年のお借り入れとなるわけですから、その間に万が一の事故にあわないとは言い切れません。

団信はこのための備え。

お借り入れをしたご本人が返済期間の途中でお亡くなりになったり、高度障害を負って返済の継続が不可能になったりした場合、生命保険会社がご本人に代わって残金を返済する仕組みです。

保険ですから、これ以降の返済の義務はなくなり、ご家族はそのままローンがなくなった家にお住まいになることができます。

この保険制度があることから、家賃を払って賃貸生活を送るよりも住宅ローンを組んでお住まいを購入した方が安心とお考えになる方も多いのではないでしょうか。

 

万一の備えとしてぜひ入っておきたいこの制度ですが、注意が必要なのは現在の健康状態や既往症などの理由で加入できないケース。

銀行など多くの金融機関が、住宅ローンのお借り入れの際には団信への加入を義務付けていますから、団信に加入できないことが理由で融資を受けられないという可能性もあります。

フラット35のように「加入は任意」という商品も存在しますので、団信への加入がネックとなるような場合には、強制加入でない商品を選択するのも一つの方法です。

 

ただし、強制加入の場合には金融機関が費用を負担するケースが多いのですが、フラット35で団信に任意加入する際は、金利に0.2%上乗せすることでご本人が費用を負担します。

フラット35を検討の際には、このコストも考慮する必要があります。

 

住宅ローンを利用する方の大半が加入する保険ですから、一般の生命保険の保険料と比較すると、補償内容の割に保険料(金利負担)が割安であることが多いです。

ただ、年齢によって金利負担の差が生じないので、一般の保険では保険料が低くなるお若い方の場合、他の定期保険などで代用できるケースもあります。

最近では、所得保障保険など団体信用生命保険の代用にもできそうな魅力的な保険商品が多数出ていますので、こちらも検討材料に加えてみるのもいいかもしれません。

特に30代前半ぐらいまでの方でしたら、団信よりも手頃な保険料で代替の商品が見つかるかもしれません。

フラット35で住宅ローンを組もうとお考えのお若い方でしたら、団信一択に固執せずとも良いかと思います。

 

最近、この団体信用生命保険に力を入れている金融機関がとても増えてきています。

癌と診断されたら保険が適用されて住宅ローンがゼロになる、通称「がん団信」や、癌に加えて急性心筋梗塞脳卒中なども補償する「三大疾病保証付き団信」など、死亡や高度障害だけでなくさまざまな疾病に対応した保険が付保されるローン商品が多数販売されています。

金利に0.1~0.3%程度上乗せする商品が多いですが、負担率(つまり追加補償の価格)は金融機関によってさまざまです。

銀行によっては「金利負担なしでがん団信を利用できます」なんていうケースも。

金利や保証料などのイニシャルコストに加え、団体信用生命保険の補償内容も参考にするのが賢い住宅ローンの選び方です。

 

がん保険

がんと診断されたら残高がゼロになる住宅ローンも

例えばSBIネット銀行の住宅ローン、「ミスター住宅ローンREAL」の場合。

八大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)により就業できない状態が12カ月を超えて継続した場合、住宅ローンの残高が0(ゼロ)に。

また、これ以外の傷病(つまりケガも!)によって就業できない状態が24カ月を超えて継続した場合にも、住宅ローンの残高がなくなります。

所定の期間に満たない場合でも、一定の条件を満たせば住宅ローンの支払いを補償してくれるなど、非常に手厚い保険が金利上乗せなしで付いてきます。

これは非常に頼もしい!

 

このように、団信一つとっても住宅ローンを選ぶ決め手となるほど、充実した補償内容の商品なども存在します。

住宅ローンを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。